雑記-年賀状印刷を頼んでみた-

スポンサーリンク

こんにちは、トウゴです。
年賀状の季節になりましたね。
皆さんは年賀状をどう作っているでしょうか?

私は出す枚数が少ないため、いつも家のプリンターで作っていたのですが、プリンターのインクが全て交換時期になってしまい、4色分インクを買うのと印刷を頼むのとあまり金額が変わらなかったため、今回は印刷を頼むことにしました。

その際利用したサービスが使いやすかったので、記事にまとめました。
これから年賀状を作る方の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

利用したサービス

今回私が利用したサービスは、「ふみいろ」という年賀状や喪中はがきなどのネット印刷サービスです。



サイトが可愛い雰囲気だったのと、割とわかりやすかったため興味が出て、年賀状デザインを探し始めたのがきっかけです。
写真入り年賀状のデザインで好みのものがあったので、「ふみいろ」を利用することに決めました。

 

おすすめポイント5選

利用してみて個人的に思ったおすすめポイントを5点紹介します。

 

デザインの設定がわかりやすい

今回写真入りの年賀状を注文したのですが、デザインを決定したあとに写真を入れたり住所や名前などを入れたりする工程があります。

それが1つずつわかりやすく、かなりスムーズに出来ました。
あいさつ文を入れられるデザインもあるのですが(今回頼んだものは該当していました)、あいさつ文も色々なものから選べるため、自分で考える必要がなくて楽で良かったです。

 

今回はパソコンのブラウザから注文をしたのですが、すごくやりやすくてあっという間に出来ました。
「年賀状を作らなきゃ」と思ってから30分もしないで出来ました。
1番時間がかかったのはデザインを選ぶ時間だったぐらい、デザイン決定後の工程はすごくやりやすいです。

 

 

再印刷保障が付いている

デザインを決定し、年賀状に入れる必要事項も入力してから注文になるのですが、注文完了してから改めてデザインを見たら、「名前の漢字が間違っていた」や「住所が間違っていた」など、注文後にミスが発覚してしまう場合があります。

その際1回に限り再印刷してくれるサービスが全てに付いています。

 

他のところだと付いていても有料だったり、そもそもやっていなかったりするのですが、こちらは1回限りで再印刷してくれます。
自分で訂正する必要もないですし、もう一度注文し直したり再印刷代を払わなくていいのでとてもありがたいです。

注文した枚数が多い方には特に嬉しいサービスだと思います。

 

出荷が早い

頼んだデザインにもよりますが、基本的にイラストタイプのものは午後1時までに注文完了すれば、注文した日に出荷されます。
(例:12月13日午後1時までに注文→13日中に出荷)

写真タイプはもう少し出荷が遅くなりますが、それでも通常の写真入り(周りにフチがあるタイプ)は注文日翌日に出荷されます。
(フチなしタイプはもう少しかかります)

 

なので特に喪中はがきが欲しい時は便利だと思います。
喪中はがきは年賀状と違い、用意出来たらすぐに送りたいですもんね。

 

色々な支払方法を選べる

「ふみいろ」では支払方法がクレジットカード・PayPay・amazon pay・代金引換・コンビニ後払い5つから選択できます。

代金引換は発送方法をゆうパケットにした場合利用できませんが、それ以外の方法はゆうパケットでも利用できます。

 

クレジットカードは普段使わないから…という方は代金引換やコンビニ後払いを利用出来ますし、クレジットカードやQR決済を普段から使っている方はそちらを利用することが出来ます。
PayPayだと「PayPayジャンボ」などのキャンペーンをやっていることがありますが、それも対象なのでお得に利用することが出来ます。

あまり支払方法に選択肢がない場合、普段使わない決済方法を選ばなければいけなくなり戸惑うこともあるので、色々な方法に対応されているのはありがたいですね。

 

宛名印刷サービスがある

宛名印刷サービスがあり無料で利用することが出来ます。
ログイン後にリストを作成しておけば、そのリストを使って宛名を印刷してくれます。
登録した住所は翌年以降も利用出来るので、一度登録してしまえばその後は年賀状制作~発送にかかる作業がとても楽になります。

ただ、宛名リストを事前に登録しておかないと、注文時に宛名印刷サービスを利用することが出来ません
宛名印刷サービスを利用したい場合は、必ず事前に宛名リストを登録しておきましょう。

 

宛名印刷サービスを利用すると、「QR動画+」というサービスも利用できます。
これは宛名面に15秒の動画のQRコードを印刷してくれるサービスで、遠方でなかなか会えない知り合いなどに動画でメッセージを送ったり出来ます。

どの宛先にQRコードを印刷するかを選択できるので、メッセージを送りたい人にだけ送ることが出来ます。
特に子供のメッセージなどを付けるのがおすすめです。
(※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です)

 

以上が私がおすすめするポイントです。
年賀状は1年に1回のものですし、何かと忙しい12月に用意することが多いので、少しでも手間が減らせると嬉しいですよね。
「ふみいろ」だと色々な手間を減らすことが出来るので、是非使ってみてください。



 

 

キャンペーン情報

「ふみいろ」では2022年12月16日(金)午後1時まで、年賀状印刷定価から40%オフというキャンペーンをやっています。
私も12日に注文したので、ガッツリ利用しました!

40%オフなのでかなり割引されます。
写真入りはイラストのみのものより料金がかかることが多いので、写真入りを作りたい方には嬉しいキャンペーンだと思います。

 

 

終わりに

年賀状印刷は色々なサービスがありますし、自分で作ったりコンビニなどでも売っていますよね。
どんな年賀状にするか悩んでいる方の参考になったら幸いです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク